読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

De temps en temps

トビタテ!留学JAPAN医学生の今とこれから

熱帯の国Day30-33 小さな軌跡

かわらないもの

今僕はスワンナプーム国際空港の出発ゲートで熱帯の国最終話となるこの記事をしたためている。この国で学んだことは、「日本と何が違うか」というよりも「日本と変わらないもの」の方が多かった。思い返してみると、はじめのころは、この国独自の「何か」を血眼になって探しては、見つからずに落ち込んでいた。

 

ashitanoiryou.hatenablog.jp

 

でもタイの医療は日本の医療と大して変わらない。治療方針や、患者様と医者の関わり方も、病気の苦しさや人が亡くなることの悲しみも。そして僕達が困っているといつも助けてくれた、先生方や医学生、看護師さん、患者様、寮の警備員さんやコンビニのおばちゃん達のあたたかさも。

 

そういった意味でタイはなんだか安心感のある国だった。

 

一ヶ月の楽しかった思い出が沢山詰まったこの国を離れるのはなんだか寂しい。それでも、また歩みを進めなければいけないのだ。

ちょっぴり成長した姿で、再びタイの地を踏みしめる日を夢見て、

 

ขอบคุณครับ!!(ありがとう!!)

 

と心の中でそっと呟いた。

 

f:id:ashitanoiryou:20160605012456j:plain

熱帯病との出会い

タイで学びたいことの1つに熱帯病診療があった。熱帯病とは熱帯地域特有の感染症を指し日本ではなかなか学ぶ機会がないのだが、毎日数えきれない程の人々が国境を越えて移動する今日において、我が国でも熱帯医学の知識は必須だと感じている。

しかし、タイのような新興国では昔ほど熱帯病は多くない。バンコク近郊では既にマラリアは撲滅しており、マラリア症例の多くは、ミャンマーラオスからの移民や、近隣諸国との国境付近にある山岳地帯のものだという。あるドクターは4年ほど臨床現場にいてもマラリア症例に出会ったことがないと言っていたほど、現在では息を潜めているようだ。そんな中、この滞在中にはマラリアデング熱の症例を勉強させていただく機会に恵まれた。

 

タイの医学生は、これらの熱帯地域特有の疾患に対して、かなりの知識を持ちあわせており驚かされた。彼らから教わった、これらの疾患の詳細については後日改めて紹介させて頂きたい。

 

これから描く軌跡

今月の後半からは筆のスピードが失速してしまい、思うように記事を書き続けることが出来なかった。まだまだ皆さんにお見せ出来ていない、書き溜めた下書き達がMacbookの中には眠っている。タイの公衆衛生課題についての記事もあり、まさにトビタテの事後報告にも繋がるような内容だ。これらの記事を順次、加筆修正して皆様にお届けしたい。それがきっと未来への「軌跡」へと続いていくと期待して。

 

また、来週からはジャズの街編もスタートする。論文執筆や、一般の方向けの記事の執筆と、元来筆不精な僕にとっては不安の残る生活だが、研究をメインに一ヶ月を過ごせるなんて夢のような話である。この貴重な時間を使って、元々興味のあった食事介入についても少し論文のレビューを進めていきたい。巷に溢れる怪しげなダイエット方法に加えて、それと同じくらい怪しげな「最もらしい批判」に対して、エビデンスに基づいた整理してみたいと企んでいる。知的好奇心に忠実でいられる、素敵な日々になる予感だ。

熱帯の国Day22-29 はじめての心肺停止

Privacy Policy

 

本ブログにおける症例提示・医療現場におけるエピソードは、患者情報の守秘義務等や倫理的配慮のため、現実を医学上の矛盾のない範囲で脚色・修正したフィクションである事を予めご了承頂きたい。特に投稿日時についてはランダム化するなどして個人の特定につながらないように配慮に努めている。また、無断での転載・引用を禁止とする。

 

それは突然に

 

その日、僕は上級医にあたるResidentとナースステーションでお喋りをしていた。治療の方針や診断の妥当性などをいつものように話していたのだ。これまで続いてきた毎日と同様の、ありふれた1日が過ぎるかのように、ごく普通に過ごしていた。

 

ところが、突然ベッドサイドで患者様の近くにいた看護師が突然悲鳴をあげて、こちらに向かって必死で何かを叫び続けている。すると、隣にいた上級医は表情をとたんに硬くし患者の元へ駆け寄り心肺蘇生を直ちに開始した。周りの看護師達も悲鳴を挙げながら、次々と集まってくる。心臓マッサージを続ける医師の傍らで、アドレナリンやアンビューバッグ、除細動器や心電図などが手際良く準備されていく。

 

日本で、心肺停止に立ち会ったことのなかった僕は、ただ呆然としてその場を眺めることしか出来なかった。タイ語を理解出来ない以上、出しゃばるわけにはいかない。不確実なコミュニケーションは患者様の不利益になる可能性もあるからだ。

 

心肺蘇生は医師や看護師のリレーによって必死に続けられた。心拍が回復しては、停止し心肺蘇生を行う。そんなことの繰り返しであった。

ご家族は涙を浮かべながら、医師から病状についての説明を受けている。その傍らで、僕は他のドクター達とさらなる治療の可能性について議論していた。

 

しかし、そんな中ご家族が出した答えは、これ以上の延命措置を望まないということだった。高度な医療を受けるだけの経済的余裕はなく、これ以上苦しむ姿を見たくないというのが治療中断の理由であった。

直ちに心臓マッサージは中止され、自然の流れに委ねられた。

 

 

そしてまもなく、患者様は息を引き取った。

 

 

こういう風景は、医療者として生きていれば日常的に遭遇するのかもしれない。今回、この異国の地ではじめて遭遇した「死」に際して感じたことを書き留めておきたい。

 

f:id:ashitanoiryou:20160527171846j:plain

N=1の重み

彼の状態は死に直結する程、悪いものだったのだろうか。まだまだ拙い医学生としては、きっと日本でならさらに高度な治療を続けて、なんとか回復することも出来たのではないかと思ってしまうのだ。もちろん、「生き方=死に方」に関する価値観は人それぞれであるし、むやみに高度医療を乱用して患者の尊厳をかえって傷つけてしまうこともあるだろう。僕個人としては「死することへの諦め」というものも肝心なような気もする。しかし、治療中断の判断に経済的な事情が勘案された時、やはりそれには個人には帰属しない何らかの社会的問題を孕んでいる気がしてならないのだ。

 

タイは国民皆保険制度を達成しており、医療アクセスという点で優れていると良く言われる。大学病院での治療は原則として無料であるからだ。しかし、その影には特定の病院にしか通院が許されない不自由さと、医薬品・治療の適応の狭さが存在する。また、タイの保険制度はいくつかの種類が存在し、公務員と一般人の治療の保険適応範囲が異なるというので驚きだ。保険の適応範囲やアクセス制限の是非についてこの場で論じるつもりはない。しかし、保険制度というマクロなシステムの影には、いつも少数派の苦しみが存在することを肝に銘じておく必要はあるだろう。タイの医療に限らず、世界中のあらゆる国の制度の大半は、多くの人の利益となる一方で、誰かを傷つけている。

 

僕は、公衆衛生学分野の研究者として、統計学を駆使し、あらゆる医療情報の解析を行っている。統計学あるいは科学の世界でN=1というのは無力で、時には非科学的なものとして切り捨てられてしまう。統計データを扱う時、死亡者数や罹患者数といったデータは「記号」として扱われ、その一人ひとりの物語に焦点が当てられることはない。それはそれで科学のあり方ではあるのが、数字の向こう側に患者様の姿を見いだせるバランス感覚を持った研究者になりたいと切に願う。

熱帯の国Day21 ERにて

病棟はついにERへ!!

これから2週間はER(救急救命センター)で臨床実習をさせて頂いています。こちらのERは非常に広く、最重症の処置室には4床、軽症~重症の観察室には最大で30床ほどが並べられるように設計されています。患者様の数が多い時には、観察室の外の待合室にまでベッドを並べることもあるようです。待合室の前は救急車両及び、患者様の運搬車両専用のロータリーとなっており、救急救命センターに直接アクセスすることが可能となっています。

さらに、入り口にはトリアージカウンターが用意されており、すぐに看護師によるトリアージを受け、赤・黄・緑+オレンジの4段階の重症度に分類されます。オレンジは外傷のケースが該当するのですが、日本では見たことのない分類だったのでタイ独自のものかもしれません。こうした徹底したトリアージにより、大量の患者が押し寄せても緊急性の高い症例を優先的に治療できるように工夫されていました。

 

医師・看護師・医学生といった全ての人員は、8時間毎の完全シフト制となっています。今日は8:00-16:00のmorning shiftでしたが、明日は16:00-24:00のevening shiftに参加させていただく予定です。night shift(24:00-8:00)も含めて、2週間の実習のうちに全ての時間帯を見させていただいて、患者層や疾患構造の変化などを見ていけたらと考えています。

f:id:ashitanoiryou:20160524222945p:plain

 

災害訓練に遭遇!!

本日はなんと災害訓練の日だったようで、ERのスタッフがシフトに関係なく勢揃いしていました。内容はタイ語が理解できないために分からない部分があったのですが、大量の傷病者が搬送されて来て、それらの患者をトリアージした上で定められた場所に誘導する、という流れでした。実際にやってみると指揮者が不在で、傷病者の数が適切に管理されていなかったりと問題点は多々ありましたが、こういった訓練を繰り返すことで少しずつ改善していくものだと思われます。

 

指導医の先生からは繰り返し、

「日本はきっとこういう訓練をしっかりしているんでしょ?!私達に是非意見を言ってほしい!」

と仰っていました。

 

やはり日本は災害の多い国ということが認識されており、こういったノウハウについても十分に蓄えていると期待されています。確かに、多くの地震を経験した我が国では緊急時を想定した訓練はよく行われていますし、災害医療センター等を中心にノウハウも蓄積されていることだと思います。こういった知識は国際的にも利用価値が高く、共有するに値するものだということが今日の訓練で自分が感じたことでした。医療水準も比較近いタイのような国に対しては、こういったノウハウの移植もさほど難しくはないはずです。こういった知の共有をフラットに進めていくことが今後の国際保健のあり方ではないでしょうか。

 

ちょっぴりのプッシュ=強力な推進力

やはり新しい病棟に移ってくると毎度問題になるのは、スタッフたちに放置されてしまって何もやることがなくなってしまう現象。これには留学当初から随分悩まされていました。

 

ashitanoiryou.hatenablog.jp

 しかし、今まではそれぞれでキーパーソンとなる方に恵まれてどうにか充実した臨床実習を送ることができていました。

 

ashitanoiryou.hatenablog.jp

 しかし、ERでは少し事情が違います。というのも完全3交代制のため、毎日来る度に上級医も変わってしまいます。そのため、キーパーソンを頼るというのはなかなか難しいのです。

今日も午前中は、先生方も学生たちも忙しく走り回り、声をかけることも出来ず、ナースステーションでただただボーっと過ごしていました。午後になると先生方も少しずつ余裕が出てきたようで、声をかけて下さるようになりましたが、なかなか症例を理解できるほどの説明を受けることは出来ませんでした。

そこで思い出したのが、前回のブログに対して頂いた先輩からの「軽く押せば、意外と出来ることも増えるよ」というコメントでした。

 

ということで、先生や医学生が少しでも暇そうな顔をした瞬間に、すかさず「あの患者さんはどういう状況なんですか?」と聞きまくるということにしました。ERの医師や医学生達は幸いにも英語が堪能な方々が多く、質問に丁寧に答えてくれます。これを繰り返すことで、病棟の患者様の病態を少しずつ把握出来るようになりました。

また、やりたいことをハッキリと伝えておくことも大切かと思います。「〇〇という手技を経験したい。」「身体所見をとるときには必ず一緒に取らせてほしい」「〇〇系の疾患に興味があるので詳しく説明してほしい」等ということを、うっとしくない程度にキッチリと訴えていこうと思います。

もちろん全ての要望が叶うことはないと思いますが、こちらの希望をハッキリと伝えることで相手も僕を扱いやすくなると思いますので、こういったコミュニケーションを積み上げることが重要ではないでしょうか。

 

この病棟で学べることを自分自身が原動力となって少しずつ広げていければと思っています。

明日はevening shiftで夕方からの出勤なので、朝は他のカンファレンスに参加させていただくつもりです。ではでは!!

熱帯の国Day18-20 水上マーケットをぶらり

この熱帯の国にもようやく雨が降りだした。

時折思い出したかのようにやってくるスコールは、先日まで40℃近くあった気温を32℃程度まで下げてくれる。日本にいると梅雨はいつもジメジメとしていて、なんだか憂鬱な気分になったものだが、この国では僕達が快適に過ごすための恵みの雨なのだ。

 

そんな雨季の合間に水上マーケットを訪れてみた。

 

バンコク郊外にはいくつかの水上マーケットが存在する。しかしそれらの多くは、外国人観光客で溢れかえっているという噂もちらほらと耳にする。せっかく異国で休日を過ごすのだから、ちょっとでも地元感のある場所に行きたいというのが自然な気持ちだった。そこで、同じ病棟にいたこちらの医学生に相談してみるとすぐに、「Khlong Lat Mayom Floating Marketが良いんじゃない?」という返事が帰ってきた。そうと聞くと決断は早かった。さっそく天気予報を確認し、雨の降らなそうな土曜日に出かけることにした。

 

バンコク市内Bang Wa駅からタクシーで15分(75B)程の場所にその水上マーケットは存在する。土日祝のみの営業ではあるが、市場は多くの人で賑わっていた。友人からの前評判通り、外国人の姿はあまり見ない。どちらかというとタイの家族が遊びに来て、食事を楽しんでいるような印象だ。

 

f:id:ashitanoiryou:20160523221456j:plain

 

近隣の水上マーケットに比べると運河に浮かぶボートの数は少なく、幾分か地味に見えるかもしれない。しかし、この落ち着いた雰囲気がかえってローカル感を醸し出し、風情あふれる景色を織りなしているのである。

 

f:id:ashitanoiryou:20160523221459j:plain

 

市場の大部分は陸上なので、市場を探検するだけでは少し物足りない気がする。水辺を楽しむには、やはりボートで運河を巡るのが一番である。クルージングを楽しみたい方には100Bで近隣の寺院を巡る1時間程度のコースが用意されている。この値段も、他の観光地に比べると極めて良心的な価格設定で好感が持てる。

 

f:id:ashitanoiryou:20160523221448j:plain

陸上には屋台が所狭しと並んでおり、活気が溢れている。エビや魚の塩焼きといった魚介類から、タイ風焼き鳥ガイヤーンとその種類は豊富である。

f:id:ashitanoiryou:20160523221452j:plain

中にはおしゃれなひとくちサイズのマカロンまであり、タイ料理に少し飽きてしまった心と舌を休ませてくれる。

 

雨季の合間の晴れた日には、のんびりと水辺を眺めながら美味しいご飯を食べる。

そんな涼しげな休日の過ごし方が、なんだかひどく贅沢に思えるのだった。