読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

De temps en temps

トビタテ!留学JAPAN医学生の今とこれから

ジャズの街Day9-14 研究留学は思ったよりも孤独だという1例

アメリカに来れば英語が使えるなんて虚像だった。

久しぶりのエントリーが暗い話題で非常に申し訳ないのですが、別に病んでるわけでじはなく自分自身の記録として、またこれから留学する方への教訓として伝えたいという思いで記事をしたためています。

 

そうです。研究留学は思ったよりも孤独というお話です。その理由の1つが英語を実質的に公用語とする空間が僕の周りに存在しないからです。これは、留学の期間や内容、留学先の検討の段階で予測しておくべき事態でした。

 

僕の所属する研究室は8人中6人が中国人という、米国の人口構成を考えると極めて特殊な環境です。もちろんアメリカの研究室なので、公式なリサーチミーティングや予演会等は全て英語で行われるのですが、日常のコミュニケーションでは中国語が飛び交っています。研究の簡単なディスカッションや、何気ない雑談が全て中国語。必然的に、僕はひとり、置いてきぼりになってしまうのです。

f:id:ashitanoiryou:20160621101024j:plain

実験設備を持たない解析専門の研究室ということもあり、いわゆる「スキマ時間」の少ない環境というのも要因の1つかもしれません。実験系の研究だと、サンプルを仕込んでから結果が出るまで空き時間があり、その間にのんびりおしゃべりをしたりということも出来ます。しかし解析系の研究室では、個々人がひたすらPCに向かい、解析プログラムを打ち込んだり、論文を書いたり、データクリーニングをしたり、といった具合で複数のプロジェクトを凄まじいスピードでこなしていきます。すると、自然とコミュニケーションの機会は限られてきますし、中国語が通じる空間で、あえて外国語(英語)をわざわざ話す気にならないのは理解できます。きっと日本で逆の立場なら僕も同じことをしていたでしょう。

 

また、僕の研究結果はかなり美しいので、そこまでディスカッションをする必要もないという嬉しいような悲しいような事情も相まって、英語を使う機会が皆無な生活を送っています。ひどい時には挨拶以外、誰とも話さないこともあるという孤独な毎日です。

もう少し長期の留学で、大学の授業等をとっていると他の留学生との交流があったり、友人が出来る機会もあったのかもしれません。寮の交流イベント等に参加することも出来たでしょう。研究室という閉鎖的な人間関係の中に、短期留学で飛び込むというのは結構大変なことだと今回の経験で思い知りました。

それでもこの研究室での生活は気に入っています。

さんざんネガティブなことを書いてしまいましたが、僕は普通に元気です。

日本ではありえないくらい研究に没頭出来てますし、中国語が話せない僕を気遣ってくれる優しいボスとオフィスが一緒でよくイチゴをくれる先輩もいます。

 

ボスも忙しいスケジュールの中、

「元気にやってるか−。もう昼なんだからいつまでも仕事してないでメシ食え!!なんか困ってることでもあるのか?」

と僕のオフィスにわざわざ顔を出してくれます。

「今ランチに行くとこでした。午後は◯◯の解析方法調べるくらいで、今のところは順調です!」
「ふーん。」

という他愛もない会話をしていると2分後にはメールで〇〇の解析方法についての資料が大量に送られてきたのです笑

なんだかありがたくて、パソコンを前にしばらく固まってしまいました笑

 

本当にボスには恵まれました。なんとしても今回の研究を彼との共著で世に送り出したいものです。


人種のサラダボウルなら言葉だってサラダボウル

多民族が暮らすアメリカでは当然言葉だって多様なわけです。みんな英語が一番得意な言語なわけではないという当たり前のことを知りました。

スペイン語の方が得意な人もいれば、中国語の方が良い人もいる。

もちろん英語という「公用語」で表向きの仕事は上手くいくような社会ではあるのですが、それだけでは不十分な場面もあるのが現実です。言葉というのは人間にとって非常に大切なものだとこの2ヶ月の留学生活で思い知ったので、これから英語の強化はもちろんのこと、他の言語の能力も伸ばしていきたいと決意しました。

 

週末は美術館やジャズバーを巡ってちゃんと楽しんでますので、皆様ご安心を!!

ジャズの街Day5-8 一流の研究室で見た景色

アメリカ 日記

ボスはとってもフランクだった

僕の留学先の研究室は間違いなく、世界でも1流です。小規模ではありますが、医学者なら誰もが憧れるような有名医学雑誌に画期的な論文を毎年数多く発表し続けているのです。そんなラボを率いる教授は、なんと中国出身。しかも、中国で医師として働いた後に渡米し、研究所のトップにまで登りつめた相当な実力者です。アメリカ研究者社会のサクセスストーリーといっても過言ではないでしょう。そんな雲の上の存在のボスはさぞかし恐くて、張り詰めた空気をまとっているに違いないと、僕はビクビクしながらこちらの研究室に来たのですが、会った瞬間にその勝手な妄想は打ち砕かれてしまいました。

 

「Hi!!よく来たね!!待ってたよー!!」

 

と素敵な笑顔と流暢な英語で出迎えてくれた、その人こそが僕が憧れ続けたボスだったのです。簡単な自己紹介をした流れで、年齢を聞かれて23歳であることを伝えると、それまでわずかに僕のことを探るように恐る恐る会話していたボスも、急に子どもを扱うかのようにあれこれ世話を焼きだしてくれたのです。僕自身の実力からすると1人前の研究者として扱われるのはまだまだ窮屈だったので、すこし安心したのを覚えています。

 

それからというもの使えそうな研究の情報をメールで送ってくれたり、ランチの時に研究の潮流を教えてくれたり、新しい研究の提案をしてくれたりと、世界トップクラスの研究者の背中から学ぶ機会は数多くあり、充実した研究生活を送っています。

(未だに僕の名前をうまく発音出来ないのはご愛嬌です笑)

 

f:id:ashitanoiryou:20160614123103j:plain

失敗する勇気をもつこと

1流の研究者は何が違うのか。そんなことを意識しながら、ボスの言動に耳を傾けていると分かってきたことがいくつかあります。ひとつめは、とにかく挑戦し続けろ、と口うるさく言われることです。先日、ある案件で相手方の条件と折り合わない部分があり尻込みしていたところ、「ダメ元で良いからやってみろ。断られたって失うものは何も無いんだから!」とあっさり言われてしまい、なんだか単純明快すぎる答えに笑って同意してしまいました。

 

論文がなかなか受理されない部下に対しても、

「俺だって、何度も何度も一流雑誌から論文を却下(Reject)されているよ。でも心を強くもて。そんなことで動じるな。良い論文を書いたという自負とちょっぴりの運があればきっと上手くいく。」

と優しく声をかけていました。

 

きっとボスが一流雑誌に論文を出し続けられるのは、質の高い研究をしているのはもちろんですが、却下され続けても挑戦することをやめないからなのでしょう。失敗する勇気をもって、一歩を踏み出す。そう、失うものは何もないのだから。

しなくていいことを考える

やるべきことを考えろ、ということは巷でもよく言われることです。けれど、しなくていいことを考え、無駄な労力をかけないということも同じくらい大切なのではないでしょうか。僕のボスは、「時間は重要な資源だ。やらなくていいことに無駄な労力をかけるな。」といつも言っています。

 

例えば、疫学の分野では毎年のように新たな解析技術が登場します。それに伴い背景にある数学的なモデルも複雑化しているのが現状です。新たな技術が登場した時、数学を勉強しなおしてその背景まで理解するのは不可能ともいえるでしょう。そういった状況の中で、無理に深追いするのではなく、多様な数学者が評価した結果を吟味し、短所と長所を把握した上で、解析の際の留意事項するのが疫学者の努めだと思うのです。

科学における自分の果たすべき役割を大局的に見極め、自分がやらなくてもいいこと、より詳しい他の専門家に任せたほうが良いことからは思い切って手を引く。そして、自分のすべきことに力を注ぐ。今後、より複雑化する研究社会のなかで、自らの専門家としての価値を保つためにはこういった姿勢も重要なのかもしれません。

 

シンプルに分かりやすく伝えること

先週末から学会が開催されていることもあり、研究室内では予演会が開かれていました。一流の研究室というだけあって、プロのデザイナーのような美しいスライドを使った発表もあり、非常にレベルが高いと感じました。そんな中でボスが繰り返し指摘していたのは、メッセージをシンプルに分かりやすく伝えろ、ということでした。

研究者にとって自分の研究は我が子のように思い入れがあり、可愛いもので、ひとつの発表の中に色々な要素を詰め込みがちです。しかし、発表を初めて聞く人にとっては、難解なものとなり、結果として誰も耳を傾けてくれなくなる恐れがあります。また、学会とはいえ、多様なバックグラウンドの研究者や医療従事者が参加するわけですから、疫学者の常識が聴衆の常識でないことに十分注意する必要があります。不必要な統計学用語を用いないこと、研究デザインの意義や意図をわかりやすく解説すること、見せる結果を絞り、ストーリーをシンプルにすることなどが大切なようです。

 

研究結果を学会で発表することでフィードバックを得たり、研究費獲得のために申請書類でアピールしたり、研究者としてのポジションを確保するために自分の研究を売り込んだりと、研究者はプレゼンで生きる職業でもあります。

シンプルで分かりやすい(そして出来れば美しい)プレゼンをする能力というのは、研究者として1流になるには欠かせないスキルなのだと学びました。

 

研究の内容は機密事項が多く、あまりブログに記すことが出来ないので、今回はこういった抽象的な記事になってしまいました。
時間があるときにでもJAZZ巡りの記事を投稿しますので、お楽しみにー!!

ジャズの街Day4 七転び八起き

アメリカ 日記

研究がポシャりました

インターネット回線も利用できるようになった昨日、僕は再び研究に勤しんでいました。そして、あるところで躓いたため、メンターの先生に相談したところ、問題は僕が考えていたよりも根深いところにあったようで、結局研究の方向性を変えることとなりました。今までのテーマは日本やタイにいる間から時間をかけて取り組んでいたのですが、先生方のコミュニケーションが十分でなかったことや、自分の経験不足などが相まって、僕はどうやら間違った方向に努力をしてしまっていたようです。もちろん多少は「マジかよ」という気持ちもあったのですが、何よりも早い段階で問題が分かったことにホッとしています。

f:id:ashitanoiryou:20160609082512j:plain

間違った方向の努力を防ぐために必要なこと

やはりこれは、1人で抱え込まない、ということに尽きると思います。人に頼らずに物事をがむしゃらに進めることはとても非効率です。ましてや、経験の乏しい分野においては間違った方向に突き進んでしまい、無駄な労力をかけてしまう可能性が高いように思います。こういったことになる前に、経験豊富な人にアドバイスをもらい、定期的に自分が正しい方向に向かっているのかを確認してもらう作業が重要だと今回の経験を通して感じました。もちろん相手の時間や手間に配慮することは必要ですが、良い業績を出すことは研究室全体の利益でもあるので、むしろ独りよがりの無駄の努力を続ける方が研究室の資源の浪費であると考えて、思い切って周りの先生方を頼らせて頂いています。

今の研究室はそういった僕のスタイルにも優しく向き合って下さる先生方ばかりで、研究室の先生方に感謝する毎日です。

 

毎日研究できる幸せ

そういった流れで現在は、方向性を修正した新しいテーマに必死で取り組んでいる状況です。毎日膨大な量の仕事があり、非常にタフな面もあるのですが、何よりも十分な研究の時間をとれることに幸せを感じています。日本での普段の生活だと、朝から夕方まで、時には夜まで臨床実習があったり、それらの課題に多くの時間がとられていました。実習がはじまるまでの早朝や、実習の合間、寝る前の時間などを研究や論文の執筆に充てているため、1日2時間ほどしか作業することが出来ないのが普通です。それが何と今では、8時半から17時までみっちりと研究に集中出来るのです!こちらの研究室は17時過ぎにはみんな仕事を切り上げて帰ってしまうので、アフター5はジムに行ったり、ご飯を作ったり、ちょっぴり国試の勉強をしたり、ドラマを見たりとリラックスした時間を過ごしています。こういった1日1日を大切に噛み締めながら、こちらでの研究を続けていきたいと思います。

 

時差ボケがなかなか治らないうえに毎日の生活に必死すぎて、観光などは全く出来ていません。週末にはニューオーリンズの有名どころをお散歩出来たらいいなーと計画中です。

 

ジャズの街Day1-3 新天地へ

アメリカ 日記

古き良きジャズの街 New Orleans

熱帯の国タイでの生活を終えて、アメリカはルイジアナニューオーリンズへとやってきた。アメリカ南部に位置し、ヒューストンやオーランドから飛行機でだいたい1時間ぐらいの場所である。

f:id:ashitanoiryou:20160607212625p:plain

かつて奴隷貿易の拠点として栄えたこの街でジャズは生まれた。黒人たちの苦しい魂の叫びが音楽に結びついたのである。また、フランス・スペイン統治領でもあったため、様々な料理が混ざり合い、新たなカテゴリの食文化を生み出すことにもなったのだ。街を歩くとメインストリートであるCanal streetには可愛らしい路面電車が走り、個性的な建物が所狭しと並んでいる。ニューヨークのような大都会とは違い、穏やかな空気が流れている。夜になるとどこからともなくトランペットの音が耳に入る。確かにこの地にはジャズが根付いている。そんな情緒溢れる街がこれからしばらくの間、僕のお家なのである。

 

居心地良いゲストハウス NOLA JAZZ HOUSE

こちらに滞在する間は大学の寮を借りるのだが、入居手続きは平日にしかできないため、1泊だけゲストハウスに滞在することにした。ニューオーリンズのホテルの多くは観光地であるフレンチクォーターに集中しており、宿泊料も当然高い。奨学金を頂いてるとはいえ、アメリカの高い物価の中で生活するには、節約も必要ということでお手頃な価格でかつ清潔そうなゲストハウスを探してみた。そして実際に宿泊したのが、NOLA JAZZ HOUSEである。ニューオーリンズのメインストリートであるCanal Streetに面している好立地にも関わらず、お値段は1泊朝食込みで30$という安さである。フレンドリーなスタッフに、清潔な室内。WiFiももちろん完備で快適に過ごすことができる。

http://www.nolajazzhouse.com

ちなみに僕はこのゲストハウスでフランス人医師と偶然出会った。彼女は内分泌代謝内科医で、学会のためにニューオーリンズにやってきたという。僕の取り組んでいる研究テーマの1つに糖尿病があるため、しばし糖尿病トークで盛り上がり、楽しい時間だった。こういった出会いがあるのもゲストハウスの魅力である。是非ニューオーリンズを訪れる際にはNOLA JAZZ HOUSEへ。

 

そして研究生活もスタート!

僕が所属するObesity Research CenterTulane大学のメインキャンパスではなく、医学系キャンパス内にオフィスを構えている。観光地として人気のあるフレンチクォーターから徒歩10分で、シェラトンなどの一流ホテルが並ぶ街の中心部に位置する。研究室は僕を含めて8人程の小さな規模で、そのうち6人は中国系というアジア人のみという特異な人口構成である。ラボのメンバーはボスを含めて非常にフレンドリーで助けられている。昨日は、IDの発行待ちでインターネットにも接続できず、暇を持て余していたのだが、今日からは研究も本格始動だ。世界でも有数の研究者の指導のもと、1ヶ月という限られた期間でどこまでやれるのか、自分でも楽しみだ。