De temps en temps

トビタテ!留学JAPAN医学生の今とこれから

トビタテ!留学JAPAN書類選考までの道のり

トビタテに応募するためにはまずは、学内の担当課に連絡をすることから始まります。トビタテの全ての手続きは大学の窓口を通じて行われるからです。この記事では書類選考までの大雑把な流れを紹介したいと思います。

 

①学内締め切りを確認する。

トビタテのHP(http://www.tobitate.mext.go.jp)に記載されている締め切り日時は、大学がトビタテ事務局に書類を提出する期限です。ですので、各大学ごとにそれまでに学内締め切りの日時が別に設けられているのが一般的だと思います。この日時をなるべく早く確認することが、計画的な準備には不可欠です。

 

 

②必要書類を記入する。

メインとなる応募書類は以下の4点です。

i)家計基準確認資料(様式あり)

ii)留学計画書(様式あり)

iii)自由記述書類(様式自由)

iv)受け入れ先を証明するもの(様式自由・提出任意)

 

i)については、学生支援機構の奨学金を受給していない場合はかなり面倒ですので、早めに動き出すことをオススメします。家計を共にする家族全員の源泉徴収票、学生の兄弟がいる場合には学生証のコピーが必要になります。これは本当に面倒くさいです。

 

ii)iii)については別エントリーで詳しく書きますのでお楽しみに。

 

iv)の受け入れ先を証明するものは提出任意だと書かれていますが、必ず!!!!提出しましょう!!!!

受け入れ先が決まっていないと、実現可能性の低い計画だとみなされますので、ご注意下さい。

留学先の探し方についてはまた後日お話したいと思います。

 

これらの必要書類は何度も何度も見なおして、ブラッシュアップをし続けましょう。友人や大学の担当者等の協力を得ながら、適宜修正していくことが重要だと思います。